CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 秋だなぁ・・・ | main | 「家ではいい子。」の落とし穴 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | -
子供と関わる時間が少ない時は・・・
つい最近、友達からちょっと相談を受けた。
お兄ちゃんの学校行事が忙しくなって、
今までみたいに下の子と関わる時間を多く取れなくなってきた。
それにより、下の子が最近寂しい思いからか、
ストレスが溜まっているみたいで行動が荒くなってきた、というのだ。

そういうのって、あるよね。
上の子の学校行事に限らず、
赤ちゃんが生まれた、とか。

1人っ子じゃない限り、
やっぱり兄弟姉妹平等に接してはいるものの、
どうしても赤ちゃんに手がかかってしまったり、
学校行事が忙しくなってしまったり・・・

そういうのってあるよね。

不安定になってきた我が子の様子に気が付いたものの、
どうしても忙しさは変わらず、
なかなか余裕をもって接してあげられない。
分かってはいるんだけど、どうしても・・・

そういうのってあると思うんだ。

それでも何とか時間を作って、子供と一緒に遊んであげよう、
関わる時間を割いてあげよう、と努力するのもいいんですけど、
そんなに気張りすぎて、お母さんが体を壊しては元も子もないですよね・・・

そんな時、いい方法があります。

あのね、名前を呼んであげるんですよ。
「え・・・?は??」って思うかもしれませんが、
これが なかなかどうして効果あり。

不思議ですけど、名前を呼んであげるだけで
子供って変わっていくんですよね。

例えば
「お箸並べてくれる?」ではなく「○○ちゃん、お箸を並べてくれる?」、
「お風呂に入ろうか」ではなく「○○くん、一緒にお風呂に入ろうか?」、
「おもちゃ片付けて」ではなく「○○くん、おもちゃ片付けて〜」、
「明日運動会だね」ではなく「○○ちゃん、明日運動会だね」etc

名前を呼ばれる事で、
自分を見ていてくれるという思いが子供の中に沸くらしいんですよね。

誰かと一緒くたにされるのではなく、
自分個人を見ていてくれている、というような安心感なのかな。

赤ちゃんに手がかかって、
兄姉の学校行事が忙しくて、
なかなか関わってあげられずに不安定になっているかも、
分かっているけどでもなかなか・・・
と思って悩んでいる人が、もしも他にもいたら
是非試してみてください。

これが万能薬だとは言えませんが、
何らかの効果はあると思います。

『名前を呼んであげる』

何とも簡単で単純な方法ですが、効果的はあると思いますから。
| - | 21:19 | - | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| - | 21:19 | - | - | -
この記事のトラックバックURL
http://kindergartner.jugem.jp/trackback/667
トラックバック